ダイエットと美容に効く食材

甘味料のおすすめ3選!美容と健康にいい砂糖や甘味料は??

砂糖や甘味料を選ぶポイント

どんな料理にもたいてい入っている砂糖や甘味料。
自分で調理をする際にどれを選ぶべきなのか。注目すべき2つのポイントを調べてみました。
一つは、GI値です。二つ目はショ糖の含有量です。

甘味料のGI値

よく使われている砂糖

  • 白砂糖           109
  • グラニュー糖        110
  • 氷砂糖           110
  • 三温糖           108
  • 黒糖            99
  • てんさい糖         65
  • ココナッツシュガー     35

その他の甘味料

  • ハチミツ          85
  • メープルシロップ      73
  • アガベシロップ       28
  • 玄米水飴          98

だいたい目にする甘味料のGI値はこんなところ。※55以下が低GIとして分類することができます。

もっともGI値が低いのはアガベシロップ、つづいてココナッツパームシュガー。その次は、てんさい糖。

アガベシロップ

ココナッツシュガー

てんさい糖

つづいてショ糖の含有量

  • 白砂糖              98%
  • グラニュー糖           99%
  • 三温糖              95%
  • 和三盆              97%
  • 黒糖               80〜88%
  • てんさい糖            85%
  • ココナッツシュガー        70〜79%

その他の甘味料のショ糖含有量。

  • ハチミツ             1〜7%
  • メープルシロップ         62%
  • アガベシロップ          3%
  • 玄米水飴             0%

どの砂糖も、結局主成分はショ糖ですね。
白砂糖やグラニュー糖、白双糖、三温糖に至っては、GI値が高く、ショ糖の含有量は多い、おまけに過度に精製されていて栄養価もゼロなので、からだに全く良いところがありません。。。

お菓子作りなどで砂糖を使う場合は、ココナッツシュガーやアガベシロップがおすすめです。

これらはGI値が低く、さらにミネラルやアミノ酸、ビタミンB群も豊富なのですごくオススメです!
他にも、てんさい糖がオススメです。GI値65と砂糖にしては低い値を保っています。

てんさい糖の原料は砂糖大根(ビーツ)と呼ばれる野菜で、オリゴ糖が含まれているのが大きな特徴です。
オリゴ糖は腸内の善玉菌のエサとなる栄養素で、この善玉菌が増えて活性化することで悪玉菌の増殖を抑え、便秘の改善など腸内環境を整えてくれます。腸内環境が気になる方におすすめの砂糖です。

最後に、美容効果や老化防止の効果のある砂糖もありますが、過剰摂取には十分に注意が必要です。とりすぎればカロリーオーバーになり、もちろん太りますし、健康にも悪影響を及ぼします。
あくまでも糖分であることは忘れずに、摂りすぎは控え、適度に甘味料は楽しむのが良いようです♪
これからの甘味料選びの参考になれば幸いです。

ABOUT ME
MONちゃん
MONちゃん
「ダイエット中だからお菓子は食べられない」なんて考えられない!甘い物が大好き! 小麦粉、白砂糖、バターを使わない、身体と心に優しい ヘルシースイーツ(特に焼き菓子)を研究中です。 自宅で簡単に作れる!大切なひとに食べさせたい!ずっと作り続けたいスイーツを紹介します♪